logo59.jpg


目次
1・視力が悪い人の悩みとは?

2・視力アップするために大事なこととは?

3・14日間視力回復プログラムとは?

4・他の視力回復方法と比較すると・・・

5・間違った方法で視力アップすると・・・

6・ご相談に乗りますよ♪






視力アップするために大事なこととは?

一般的に、視力をアップさせる方法は、
レーシックなどの手術しかないと思われています。


確かに最近では一流スポーツ選手や芸能人が手術をしているので
レーシック手術が一番手っ取り早く感じるかも知れません。


テレビや雑誌などではレーシックのメリットばかりが
取り上げられていますがデメリットもあります。


レーシックの失敗体験談は、色々なサイトに載っています。


特に2chの掲示板にレーシックに関するスレッドが多くあります。


そこには色々な人からの書き込みがあり、その中には
「失敗体験」と思われるものもいくつもあります。


例えば、「レーシック手術を受けてから数年経ったにも関わらず、未だにグレア現象などの合併症が残っている」という場合。


※グレア現象とは、視界に強烈な光があるとまぶしく感じる現象のことです。


さらに、「手術直後は視力があがったが、時間の経過とともに
また視力が落ちてきている」などのケースがあるようです。


特に「ハロー現象・グレア現象」などの合併症に
関する体験は案外多いですね。


※ハロー現象とは、光を見たとき、その周りがぼんやりと
輪になって見える症状のことをいいます。


レーシックは手術後のリスクについて考えさせられるものがあります。


しかしながら、失明に至るような重大な失敗は見当たらないようなので、術後にどのような経過をたどるか、というあたりが焦点になってくるようです。


このような観点から、レーシックなのどのレーザー手術に
不安や心配を抱える人達は少なくありません。


金銭的なこともそうですが、「単純に手術は怖いからいやだ」「副作用や後遺症を考えると不安だ」このように思っている人達もいます。


私もそのうちの一人です。


でも実はレーザー手術と同じぐらい効果があり、
簡単に誰でも視力回復させる方法があるんです。


私も勘違いしていたのですが、実は、目の使いすぎで
視力が低下するということは、基本的にはないそうです。


本当の視力低下の原因として考えられるものは以下の2つです。


運動不足による眼筋(眼球を動かす目の筋肉のこと)衰え
ストレスによる眼球の血行不良


視力低下にはこのような原因があります。


しかし、日本人はこの事実をほとんど知りません。


ちなみに、私もそうでしたから。


試しにあたの周囲の人に聞いてみてください。
「眼が悪くなる原因を知っていますか?」と。


するとほとんどの人が、
「テレビやインターネットのしすぎでしょ?」と答えるでしょう。


でも真実は違います。


目の使いすぎで視力が落ちるのではなく、
使っていないから落ちるのです。



なかには、「自分はパソコンをやり始めてから眼が悪くなった」という人もいますが、これは正確にいうと、パソコンをやる際眼筋の使い方が悪くて、それが原因で視力が低下したものです。


目の筋肉(眼筋)を動かしていない人は視力がどんどん衰えます。


こういった事実は考えてみれば当たり前ですよね。


「使うものは鍛えられ、使わないものは衰える」


こんな当たり前のことなのに、眼の筋肉に関してだけ
人は逆の発想をしてしまいます。


多くの人は勘違いをしていて、「使いすぎるから衰える」
という発想になってしまっているのです。


正しい目の使い方をしていれば、どれだけ長い時間、
目を使っても視力は下がることはないそうです。



では、どうやって短期間で視力アップさせることができるのか?


おおまかに言うと、たった3つのことをやるだけです。


1、まずは、視力が落ちた理由を知ってもらいます。
2、ある方法で視力をグングン回復させます。
3、その後、回復した視力を二度と落とさない方法を使います。



たったこれだけのことをするだけで
あなたの視力はグングン良くなっていきます。


実はこの情報は視力アップの専門家さんから
聞いた話しなので間違いはありませんよヾ(⌒∇⌒彡☆


もしあなたも視力アップの方法について悩んでいるのなら、
この視力アップの専門家さんをご紹介いたしましょうか?


リンクを貼っておくのでもしよろしければ見てみくださいね♪


こちらのサイトの方に伺いました。


次回はこの視力アップの専門家さんに
私が教えてもらったことをもう少しお話いたします。


続きを読む>>>